一般財団法人福島県サッカー協会 第4種委員会公式HP

updated 2020-06-18

 

お知らせ

新型コロナウイルスの影響下におけるチーム遵守事項(ガイドライン)

2020.06.16

 

Ⅰ.通常活動時の感染防止策について

チーム代表者は、選手、スタッフ等の健康状況を把握したうえで、活動を行う。
① 以下の事項に該当する場合は活動を見合わせること 
 ● 体調が良くない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合) 
 ●  同居家族や身近な人に感染が疑われる方がいる場合 
 ●  過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、  
  地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合
② 参加者全員がマスクを着用すること。(練習中、ウォーミングアップ中は除く。)
③ 活動場所での感染を防ぐ対策を講ずること。(3つの密にならないようにすることや手洗い等)
 

 Ⅱ.大会参加時の感染防止策について

 1.移動時の対応
 出発時に選手及びスタッフに、検温結果(各自、朝に検温すること)と上記Ⅰの①を確認し、
 該当する場合は、参加させないこと。それに基づき健康チェックリストを作成すること。
 可能な限り、小グループでの移動を心掛け、移動中は、マスク着用、換気等の対策を行うこと。
 
2.会場における感染防止対策
 参加チームは、運営責任者にMCMの際、健康チェックリストを提出すること。  
 また、試合の際は、下記事項を遵守すること。
 
 ● 試合前、試合後に相手チーム、審判団との握手は実施しない
 ● 円陣はしない
 ● 倒れた選手に手を貸さない
 ● 得点時にハイタッチ、抱擁を行わない
 ● ピッチ内でも咳エチケットを守り、つばを吐く、手鼻をかむなどの行為を行わない
 ● 口に含んだ水を吐かない
 ● ボトルを共有しない(飲水については、各自個人ごと準備すること)
 ● 水・氷を溜めたクーラーボックスを共有しない
 ● タオルを共有しない
 ● ピッチ上でチームメイト、審判員と会話する際にも互いの距離についてしっかりと配慮する
 ● ベンチではマスクを着用し、会話を控える
 ● ゴミは、チームで管理し、収集、処分すること。その際、マスクや手袋を必ず着用すること。
 ● ゴミはビニール袋に入れて密閉して縛り、廃棄すること。
 ● マスクや手袋を脱いだ後は、必ず石鹸と流水で手を洗い、手指消毒すること。
 ● 酷暑時のマスクは熱中症のリスクが高くなるおそれがあるため、屋外で人と十分な距離
   (少なくとも2m以上)が確保できるときは、マスクを外すようにすること。
 

 3.事後対応

① 健康管理表(チェックシート)の1ヶ月保管
② 競技会終了後3日以内のチーム状況確認
③ 万が一競技会終了後14日以内に新型コロナウイルス感染症の感染が判明した場合は、
 (一財)福島FA4種委員長(佐藤080-1854-7125)に報告すること。
 

ダウンロード

お知らせ

チーム活動再開の対応について

2020.05.25

 
本協会では、政府及びJFAの方針・対応に倣い、5月末日まで新型コロナウイルス感染拡大の防止とサッカーファミリーの皆様の健康安全のため、チーム活動の自粛をお願いして参りましたが、このほど、福島県における緊急事態宣言、休業要請が解除されたことを受けて、チーム活動の自粛要請を行わないことといたしました。
 
各チームにおかれましては、下記の【留意事項】の内容を参考に、再開時期や活動内容について、チーム内で十分な検討、協議を経て活動を再開していただきますようお願い申し上げます。ただし、中学校、高校、大学、専門学校等の学校所属のチームについては、それぞれの学校の指示に従ってください。
※「学校再開に当たっての教育活動のあり方に関する指針」(福島県教育委員会)
 
  また、今回の対応は、各チームに活動を促すものではありませんし、選手をはじめとするサッカーファミリーの健康安全を担保し、感染拡大の早期終息に向けた協力を惜しまないことを基本原則といたします。
なお、感染状況に変化があった場合は、今回の対応を変更させていただくお知らせをしますこと、ご理解願います。
 
【留意事項】

1.活動再開の前に

・日本スポーツ協会作成の「スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」【PDFデータ】
・JFA作成の「JFA新型コロナウイルス対策_トレーニング活動再開に向けた留意点(1修正版)」【PDFデータ】
・JFA作成の「サッカー活動再開に向けたフィジカルガイドライン(育成年代向け)
・FFA作成の(チーム活動再開チェックリスト(指導者用)チーム活動再開チェックリスト(選手用))【PDFデータ
・FFA作成の「健康チェックカード」【Excelデータ】
を熟読したうえで、チーム内で共有すること。
 

2.活動に当たって

・活動参加については、本人の意思確認または保護者の同意(未成年の場合)を得ることとし、また、参加しない
選手に不利益が生じないようにすること。
・FFA作成の「活動再開チェックリスト」「健康チェックカード」を活用し、感染防止策を徹底すること。
・JFA作成の「新型コロナウイルス感染対策 トレーニング活動再開に向けた留意点(第1報_修正版)」「サッカー活
動再開に向けたフィジカルガイドライン(育成年代向け)」を参考に、けが防止のために段階的な活動内容にする
こと。
 

3.その他の留意点

・今回の活動は、当面チーム単独の活動を主にすること。
・室内での活動は、十分な換気を行うこと。また、収容人数の半分までの利用を目安とする。
・協会主催大会や各種事業に関しては、当面、延期もしくは中止とする。
 

ダウンロード